1. トップページ
  2. 鼻の角質がたまらなくなるクレンジングの選び方

鼻の角質がたまらなくなるクレンジングの選び方

鼻の角質除去にクレンジングを用いる人はいますが、まずそれはやめましょう!

クレンジングはあくまでメイクを落とすためのもの。それを角質除去に使うと確実に悪化します。

ただ、クレンジング選び次第で鼻の角質はみるみるたまらなくなります。

多くの女性がクレンジング選びを間違えているため、セラミドを失いすぎて余計に角質が増えています。

鼻の角質が取り切れない場合の対策方法

クレンジングで鼻の角質除去は絶対に後悔する

鼻の角質が溜まる原因は、主にバリア機能が低下したことによるターンオーバーの異常です。

どんどん未熟な角質細胞が生み出され、それが剥がれやすい状態で鼻に溜まったのが原因。

バリア機能の大半は角質の厚みとセラミドによる水と油の層です。鼻の角質は薄いため、中心はセラミドです。

クレンジングは強力な界面活性剤が主役。セラミドは脂質なので、クレンジングでかなり減ってしまいます。

メイクを落とすためならいいですが、素肌に使って角質除去となるとセラミドは倍以上ごっそり減ります。それを繰り返すとどんどん鼻の角質がもろくなて溜まります。

クレンジングはあくまでメイクを落とすためのものです。

メイク落としに時間がかかっているならオイルクレンジングで

メイクを落とすためのクレンジングでも、落ちにくいメイクに対して、マイルドなクレンジングだと何度もこする必要があります。

この摩擦は鼻の皮膚に刺激として伝わり、バリア機能が足りないと判断されます。

そこで角質を早く生産して送り出すことになります。ですが早くなりすぎたターンオーバーではセラミドは正常に生まれず、また剥がれ落ちる角質と一緒に減少しやすくなります。

マイルドなクレンジングを使っているのに、実は余計に肌が乾燥して角質がたまりやすくなっていたのです。

もしあなたが濃い、落ちにくいメイクをしている。クレンジングをなじませるのに時間がかかっているのなら、クレンジングの種類を変えるべきです。

程度にもよりますが、オイルクレンジングが一番ベストです。

オイルクレンジングは乾燥して肌負担が強いと思われがちですが、それは脱脂力が強いミネラルオイルの場合です。ミネラルオイルと成分表に書いていなければそれほどでもありません。

むしろメイク落ちが早いので、こすらず、かつ界面活性剤の悪影響をセラミドに与えることなくメイク落としが終わります。

ミルクやバーム、クリームタイプが肌に優しいという思い込みがあるでしょうが、それらは薄い、もしくは落ちやすいメイクの人に限った話です。

特に鼻の毛穴を隠そうとコンシーラーやファンデーションを塗り重ねている人は、優しいタイプのクレンジングだと落とすのに時間がかかります。こんな人がオイルクレンジングに切り替えて時短で済ませるようになると、それだけで鼻の角質状態が一変することがあります。