1. トップページ
  2. 鼻の角質除去の定番方法がダメな理由

鼻の角質除去の定番方法がダメな理由

以下の方法はどれも鼻の角質を剥がして綺麗にできます。

ですが、それはそのときだけ。角質が無駄に生産される原因が放置されているだけでなく、その原因を作ってしまいます。

鼻の角質は取ることより溜まってしまう理由を解決しないとずっとそのままです。

下手にこういったケアを続けると、鼻がいつでも赤いトナカイ状態に……

クレンジング

クレンジングはメイクを落とすためのもので、角質を取るためのものではありません。

クレンジングは主に強い界面活性剤でメイクを水に移して流すものです。

角質が取れる力が強いのは、特にミネラルオイルのオイルクレンジングです。成分表にミネラルオイルと書いてあります。

ミネラルオイルが角質層の隙間にある細胞間脂質を溶かします。角質は細胞間脂質でくっついているので、角質が剥がれやすくなってよく取れます。だからオイルクレンジングで鼻の角質がスッキリします。

しかし、重要なセラミドも落としてしまいます。セラミドも細胞間脂質です。

セラミドが減るとバリア機能が落ちて、肌は角質を分厚くしてカバーしようとします。だから余計に角質がたまります。

酵素洗顔

酵素洗顔はパパイン酵素などタンパク質を溶かす種類の酵素が入っています。

角質はタンパク質が原材料なので、酵素洗顔をすると角質が溶けて水に流されやすくなります。

確かに角質はよく取れます。でも、無理やり取っているため、急激にバリア機能が落ちます。また、本来剥がれるタイミングではない部分まで剥がしてしまう恐れがります。そうなるとセラミドが流出してバリア機能が低下。角質生産が高まってしまいます。

オイルマッサージ

オイルマッサージはミネラルオイルでなければそんなに問題ではありません。

ミネラルオイルならベビーオイルがそうです。これで鼻をマッサージすると角質や角栓がちょっと取れます。

ただ、どのみち洗顔をしますよね?このときに悪影響が出ます。

オイルを塗ったままだとベタついてテカるだけでなく、当然ニキビができやすくなります。油焼けするかもしれません。

そこで洗顔をするわけですが、オイルでセラミドが緩んでいます。そこに界面活性剤が登場。やはりセラミドが減ってターンオーバーが乱れます。

毛穴パック

鼻にシートを貼り付けて剥がすと、黄色い角栓がゴッソリ抜ける商品。昔はTVCMでも見ましたが、最近は見なくなりましたね。

これ、毛穴へのダメージも半端ないですが、実はその周囲も相当なダメージを受けています。

あれだけ取りづらい角栓を引き抜くくらい接着力があるということは、毛穴周囲の角質もかなり引き剥がしているはずです。

角栓に目が行くので気づいていない人が多いですが、あれは鼻全体の皮膚を薄くしているのと同じです。それだけバリア機能を低下させています。

たまにならまだいいのでしょうが、やるとしても毛穴ケアの結果を試すための3ヶ月に1回程度まででしょう。

毛穴吸引器

毛穴パックのように剥がさないダメまだまし。ただ強く押さえつける必要があります。

鼻は頬やおでこのように平らではないため、毛穴吸引器を作用させようとすると相当鼻に押し付けないといけません。

強い圧力は鼻を手で触るより何十倍も負担がかかります。刺激を感じた皮膚はバリア機能低下を疑うため、これも鼻に角質がたまる原因となります。

綿棒

洗顔後やお風呂上がり、蒸しタオルで角質のつながりが緩みます。

どちらも熱でセラミドが溶けやすくなるからです。

例えば食器の油汚れ。熱いお湯のほうがよく取れますからね。

この状態で綿棒を押しつけるようにすると、鼻の毛穴から白いにょろっとしたものが出てきたり、白い綿棒の頭が黄色くなります。

確かによく取れますが、摩擦と圧力が加わり、かなりの刺激になります。

頬だと面積が広いので気にしますが、鼻だと気にせずやり続けてしまう人が多いですね。

セロハンテープ・ガムテープ

すごい荒治療。

皮膚の実験のときは使います。角質を剥離して様子を試す実験では、セロハンテープで10回位なんども貼っては剥がすを繰り返します。

するとセロハンテープが真っ白ににごります。それは全て角質です。

色が変わる程度なのであまり取れていないと思うかもしれません。

しかし、角質層の厚みがサランラップ以下なので、色が変わるほどというのが相当剥がれている証拠。

バリア機能はかなり低下するため、余計な角質を作り出すのは間違いありません。

ディフェリンゲル

ニキビ治療に使われるディフェリンゲルは、硬く古くなった角質を取り去る効果があります。

ニキビが角質が詰まってできるので、その詰まりを取り除いて回復を早める効果があります。またニキビの予防にもなります。

ですがディフェリンゲルはかなり副作用もきついです。これを使って余計に肌が荒れた人も多いです。それだけ角質を除去する力が強いからです。

ヘパリン類似物質のビーソフテンやヒルドイドのように処方薬を美容目的に使うのがネットで広まっていますが、基本薬なのでデメリットははっきりあります。また長期利用を想定していないことがほとんどです。薬なので、治るまでの期間くらいしか継続利用を考えていないため、それ以上使う美容目的になると想像つかない副作用が出る恐れありです。

ニベア青缶

ニベア青缶クリームをたっぷりと塗ってパック放置。その後洗顔で洗い流すと、肌が白くなるくらい角質が取れます。

ですが、これもミネラルオイルの効果です。

ニベア青缶クリームの成分表を見ると分かりますが、水の次がミネラルオイルです。続いてワセリンです。

これで毛穴まで入り込んで角栓や角質を緩めて、強制的に剥がしているだけです。

肌が白くなるくらいということは、かなり一気に角質が薄くなっています。

オロナイン軟膏

ニキビも治るとかで人気ですが、鼻全体にこってりと塗るのは想定外の使い方です。

オロナイン軟膏の主な効能は殺菌消毒です。

ニキビ治療でも少量で済むところ、何ともない鼻の角質に大量塗布すると肌の常在菌が死滅します。

肌の善玉菌が死んでしまうと悪玉菌が繁殖しやすくなります。そのためバリア機能が侵され、余計に角質が生産されてモロモロした鼻になります。